« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ようちえんのおもいで

Img_1467


物入れに入れられた事以外にも思い出はあった

一気に記憶が蘇る

お買い物会で他の教室には行かず自分の教室

で売っていたマスカットの飴だけを買った事

劇を披露するのに行った東小の体育館の大きさ

劇で靴に色を塗り一足無駄にしないといけなかった事

水泳はパンツ 水着ではなく自前のパンツ

初めて録画されたTVを見てビデオデッキという物を知る

ハーモニカではなくピアニカの方が良かった事

家が火事になり転校した女の子がいた事

その娘に恋心を抱いていた事

飛行機形の遊具から あなたといっしょにニチイだ!

とニチイの建物を見ながら叫んだ奴がいた事

飛行機形の遊具の所で腰に両手をあてて写真を撮って

いた 香西君

他の教室に行ったのは謝罪の為に行った一回のみ

横走り がブームになっていた事

肝油を貰ったり、買ったりした事

体育室の隣の建物が東小の大西学級で

哀しい気持ちになる様な事を目撃して以来

あまり見ないようにしていた事

母が家から去った事・・・

Dscn1190


笠山は今日も坂出の子供達の成長を見届けている・・

年度末に相応しい良い感じの終わり方をしてみる

Filter


スマイル接骨院が入っている コーポラス秋山

こんな建物だったんだ と思うぐらい見ていませんでした

手前には 旧 聖母眼科の建物が写っています

Dscn1191

コーポラス秋山の階段から笠山を見る

手前は幼稚園

丸い窓の所は階段

その左の小窓は物入れ

当時、生徒は入れない物入れ

私が創立以来の初入室 

と先生に言われる

授業態度の悪さから懲らしめる為の入室

卒アルは家族が手違いで処分してしまったので

幼稚園の思い出は物入れ初入室だけなのか・・

小6の時は新校舎の非常登り階段から屋上に上がろう

としたのも初らしい

中学では創立以来の 初中学浪人 と聞く

フロンティアスピリッツの塊のようなエピソード

「方向性さえ違わなければ・・」

と大人に言われたのを思い出す

スマイル

Dscn1189

スマイル接骨院

東部小学校の所にあります

その前は ピーマン というスーパー

その前は スマイル というスーパー

その前は ?  というスーパー

(秋山?という名前だったような・・)

スマイルの名前が被ったのは偶然か・・

お菓子自販機

Dscn1172


お菓子の自販機

 

塩釜神社 の前にあります

(坂出市高屋町1074)

 

81番 白峯寺が近くにあるので、お遍路さんには有難い

 

00000000000000000000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂出の駄菓子屋 マスダ・池田店 西岡商店

Dscn1212

駄菓子屋マスダ

坂出最後の駄菓子屋と思われていました

0

ネットで調べるともう一軒ありました

場所が書かれていなくてわかりませんでした

探し出しました

000000000000000000000000000

赤マルの所


0100

牛乳販売所の南側の道を真っすぐ

00000000000000000000000000000000000

左手にハイツ福江が見えます

曲がってT字路の右にあります

0000000000000000000000


道は狭いです

マルヨシセンターからは560メートルぐらい

18年2/26日に訪問しましたがシャッターが閉まっているので

閉店したかもしれません

Dscn0698_800x600_2


瀬居町の西岡商店 を忘れていました

Photo

西岡商店

は閉店した との情報がありました

.

1984年にあった坂出東部地区の駄菓子屋は今

の記事 を書きました

http://kamennosensi.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/1984-44aa.html

つるや

Dscn1138


つるや

商店街にあった学生服などを売っていたお店です

変形学生服を販売していたと思います

やんちゃな生徒達が つるや という単語を出していた

のを聞いたような・・

裏ボタン だ 龍の刺繍が・

というのははっきりと覚えています

私は標準学生服のみ着用の 

おとなしい学生でした (学力は荒れ狂っていました)

商店街には何件かありましたが来た事はありません

トミーの前のお店だけです

学生服のお店には小学校を卒業し中学入学に備え

色々買いに行きますが同級生が多かった時代なので

お店で同級生と遭遇する事は珍しくありませんでした

入学前の丁度今ぐらいの時

背が高い私 と 背の低い谷本君

体操服を選んでいましたが

保護者同士が 普通の体に生んで育てたつもりが・・

と嘆いているのを見る事になりました

なんで普通の体に・・

とも

大きな足して  履く靴なくなるで・・

とも言われ

育ち盛りなのお茶碗に一杯しか与えられないご飯

にいつも空腹感を覚えていた事を思い出してしまう・・

市 民美 術館に い    く

Dscn1166

瀬戸内国際芸術祭 開幕の3/20

市民美術館に行く

Dscn1164

9時開館 同時入館

Dscn1246

4/3 の マジック は

スケジュールが合わず残念

Dscn1247

何年か前にも見たが今回も仏像彫刻を見る

丁寧な造りと木の匂いも堪能

Dscn1155


Dscn1156


Dscn1157


Dscn1158


Dscn1159


Dscn1160


Dscn1161_2


Dscn1162


Dscn1163

不思議な動物園

というイベントも開催中なので見る

Dscn1205


帰り道で本物の猫 全く逃げようとしなかったので撮影

Photo


東山魁夷せとうち美術館

http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/index.html

からの風景 画像を見て

いつかは行きたいと思ってます。

坂出港線の今は2016 3月

坂出 臨港線跡地

の旭町側

ついに

Dscn1144

遊歩道が完成しました

Dscn1145

椅子の所は芝生で緑が使われています

Dscn1146

ソーラーパネルを使った電燈

ついでに防犯カメラがあれば良いなと思いました

Dscn1147

3/26 土曜日 9時からは完成セレモニーが行われます

舗装

3/20 商店街を歩いていると

Dscn1122

タイルが剥がされてボコボコになっていました

Dscn1127

舗装工事の途中

でした

Dscn1137

ちょっと工期が延びていますね

.

そして 

次の日

Dscn1215

舗装されていました

昔から慣れ親しんでいたタイルは雨の日など

特に自転車などは滑りそうでした

今回のはそこら辺りも考慮した造りになっています

Photo


3/26土曜日には間に合いましたね

散りゆく

昨日 坂出に帰り写真などを撮り帰宅

同級生の中村(誠)君が5年くらい前に亡くなった

らしい という話を聞く

私は先週 歳を一つ取った

0000000000000000000

子供の頃から今現在も変わりがない考え

でも周りは少しずつ居なくなっている

Dscn1188


あと何回食べれるのか

外へ

Dscn0776

フェンスは外への出入り口

当時のやんちゃな子達はココから校外へ抜出してました

貯水タンクはもっと大きくフェンスまで50センチくらいで

出入りが見難くなっていたのも抜出するのに適してました

0dq

ベランダの角を しらべる と

「なんと! タバコの吸殻を見つけた」

となる事があったり

バイクが爆音で校舎の前を走ったり

なんて事は今はないのか?

と思いながら撮影

秘密の通路感が良い とは思いましたが

私は一度もよじ登りませんでした

在学中は・・

卒業後は

鉄棒で懸垂をする為によじ登った事が何回かある

式後

遥か昔の 3/17 

中学を卒業した日

卒業式が終わった後

何があったのか? 何もなかったのか?

結果は・・・

 

あった!

では 何があったのか

式終了後 

「ちょっと いい・・・・  話したい事があるの・・」

夕陽が射し込む教室に二人きり

「今日が 最後のチャンスだから」

・・・

「卒業しても また 会えるよね」

そんな夢物語は中学どころか高校に行ってもなかった

さらに、男子校に行くとも思ってなかった

本当は

校舎の南側を門口君と歩いていた

と、後ろから人が走ってきている

先生だ!

「また遊びに来いよ」

走りながら後ろから声をかけられた

に対して私は

「誰が来るか

と暴言を吐く

先生は大人しい筈の私の発言にビックリしていた

言われた場所はココの前

Dscn0779

朝から下ネタで爆笑をとっていた時

窓が開き 保険の先生に

「朝から保健室の前でそんな事喋るな

と言われた 保健室の前で

(室外機の所に木の椅子があった)

担任の経験もある先生に対しての暴言

それが目撃者一人の式後の出来事

目撃者 門口君 というのが良い

「誰が来るか!」

と言いながら何回も学校に来ている

一番来ていると言っても良い位だ

.

10時20分に帰宅

「10時40分に家を出れば汽車に間に合う」

と家族に追い出され昼ご飯すら食べれず駅に向かう

フェリーの中で弁当を食べながら岡山へ・・

Photo_3

式前

中学偏

明日の卒業式の後の話で終わり

記憶を振り絞った結果

風呂場で皮を剥いた話

を書こうと思う

卒業式前のある日

湯船に浸かっている時

何か気になり皮を剥いてみたくなった

そして実行する

湯船で皮を剥いたので白いのが湯船の中に広がる

桶でカスを全部取り出す間に体が冷えた

いくら気になっても

風呂場で 柚子の皮を剥いてはいけない

柚子風呂に使う柚子は古いやつだ

風呂で熱燗 的な感覚で

暖かい風呂で柚子を食したい 

という 中学時代の私は

柚子は酸味が非常に強く普通は直接食べる事はない

という事を知らなかった

暖かくなって来ているので柚子風呂は来冬ですな~

Yuzu


柚子湯 とは

日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入浴する習慣がある。「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われている。冬至の日において、柚子湯を用意する銭湯もある。

柚子湯の作り方としては、柚子の果実を5 - 6個輪切りにして、湯に浮かべる。皮膚が弱い人は、輪切りにした柚子の果実を熱湯で20 - 30分蒸らし、その後、布袋に入れて湯に浮かべるとよい。

「柚子湯」は冬の季語でもある(なお柚子は秋の季語である)。

冬至と柚子との関連は必ずしも明らかではないが、柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであるという。

生れ落ちてから毎年一回は訪れる生誕の日の今日は

Photo


長いタイトルだが今日は誕生日

去年はケーキで祝う

今年は早朝神社に参拝に行く

朝5時すぎ 夜明け前の暗さで参拝者はいない

神社を少し歩いていると

階段に座っている女性の肩を女性が抱き抱えている

泣いている

泣いているのを慰めている

朝5時過ぎに神社で!

直ぐに帰ったのは言うまでもない

029

セブンイレブンで発売
29


Photo_2


一個くらい買ってみようかな

49335


昔 発売されていたコレはいらないな

DOKUSAI SYOUGAKUSEI 

中1のある日の出来事

休日のニチイのおもちゃ売り場のゲームコーナーでは

いつもどおり子供達で賑わっていた

だが その日はいつもとは違っていた

ゲームオーバーになってもコントローラーを放さない

独裁小学生が現れたのだ・・

そこに平和を愛する

私 ちょこやん ゆっさん が現れた

周りの小学生達はウンザリしていたので話を聞いた

「こいつ全然順番守らん!」

私は諭しにかかった

へんじがない。ただの独裁小学生のようだ

チョコヤン ゆっさん は静観している

私は怒りを抑えている

独裁小学生はゲームを続けている

私は忠告を唱える

(皆 待ってるんやから次代われよ)

独裁小学生は聞いていない

私は 警告 を唱える

(次 代わらんかったら殴るからな)

独裁小学生の挑発!

(殴られても代わらないよ~~~♪)

私は右拳に力を溜め始めた

チョコヤン ゆっさん は不敵に笑っている

独裁小学生はゲームを続けている

愚か者め!

私は右ストレートを頭に叩き込む

痛恨の一撃!!!!!!!

独裁小学生はその場に崩れ落ち

泣きながらどこかへ逃げ出した

こうして私の働きにより

ニチイのゲームコーナーに平和が訪れ・・

・・・・

・・・

・・

なんと

独裁小学生は泣きながら店員を召喚して来た

店員は 皆仲良く を唱えた

周りの小学生が騒ぎ始め 皆仲良くは かき消された

周りの小学生達は力を合わせ

独裁小学生に罵声を唱えた

独裁小学生は その場を離れた

この後 独裁小学生の姿を見た者は誰もいない・・

ニチイはなくなり

SATYになり外観も変わる

そしてイオンとなる

でも独裁タイプの輩はいなくなる事はない

その時は・・・

Na

来週

来週 急遽坂出に帰る事になる

写真など撮る場所などを調べ中

018565_01_1_1_2

入れない

中3の時トミー旭町店の2階を出入り禁止になる

 

2階限定には意味がある

 

 

 

一階は食料品を売っていて2階は服や雑貨

 

ある日、私と他の二名がトミーの2階に行った時

 

私は文房具を真剣に見ていたら他の二名が

 

下着コーナーで怪しい動きをしていた

 

が私は構わず文房具を見ていたら

 

「コラッ!」

 

パートの店員さんに腕を掴まれている友達

 

手にはパンツ

 

なぜか私も同罪となり

 

「学校には言わないからもう来るな」

 

と言われる

 

ポケットに入れる寸前での確保

 

パートの店員さんは中学のPTAの役員だった

 

なので 生徒を犯罪者にさせない という計らい

 




他の2名は興味津々だったが私は  別に~

 

の立ち居地だった

 

 

 

私は

 

包み隠す物より包み隠されている物

 

キャラメルの包み紙よりキャラメルの方が良いだろ!

 

と今も力説し続けている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

証書授与

今日は母校の卒業証書授与式

私の時は17日

6日も早い事にビックリ

生徒数    平成27年5月1日現在
                 1年生  89名
                 2年生  87名
                 3年生  89名
                 全校生 265名

私達の時は1クラス42名で5クラスなので約3/1

01

コレは立志式の模様

こんな感じで卒業証書授与式が行われるのでしょう

私達の時はこの3倍

ギュウギュウです

パイプ椅子などには座れません

足りないからです

なので教室の椅子を体育館まで持って行きます

冷暖房あり 耐震補強あり の今の学校は良いですね

「人数多いから一人二人どうなろうとも・・」

ではなかったのか?

と当時のお偉いさんに聞きたいぐらいだ

立志式の時も床に三角座りだったような気もする・・

「今日からお前達は・・」

という強めの枕詞から始まる事もなかったのだろう

Wakabakainouta5


校歌いや若葉会の歌

全然覚えていない 歌えない

学生時代のエピソードは覚えていても

全体の事になると覚えていない

修学旅行 体育祭・・・

合唱コンクールは打ち上げで大事件が起きたので

覚えている(私は不参加!)

はぐれ者っぷりの無所属感を実感してしまう

手作り感満載の校歌音源は中学のサイトから聴けます

http://www.sakaide.ed.jp/tobu-jh/concept.html

嶋崎商店販売機

Simazaki

今は無き嶋崎商店の自販機

中学の通学路にあり目立っていて

ジュースを買う時はココでした

中3のある日

瓶の自販機は取り出し口から手を置くまで入れて商品の

飲み口部分を掴んだらグッと引っ張れば盗れる

という情報を聞いた

そして試した

通行量の多い県道前の自販機

タイミングを見計らって挑む

手を入れ腕を伸ばしても伸ばしても全然瓶に触れない

腕が入ったまま抜けない

とか

触ってはいけない所を触ってしまい感電

という恐怖が脳裏に浮かぶ

が 挑みたい という気持ちが勝る

 機械VS人間 

の戦いは続く事になる

恐怖心を捨てた私は肩まで手を入れた

瓶の飲み口に手が掛かる

グッと掴んで下に引っ張る

・・・

・・

私の手には マウンテンデュ~

恐怖に打ち勝ち覚悟を持って挑んだ結果

機械に勝利した私

マウンテンデューで勝利の祝杯をあげる

勝利ではない 盗人だ

それで計3本盗み取ったジュース

何日か後に自販機前を通ると

メーカーの人と自販機のオーナーらしき人

が話をしていていて

「これで盗られる事はなないでしょう」

というのを偶然聞く

私が犯人と知っていて聞かせている

という思いが込上げて恐怖を感じ立ち去る

後日どうなったのか見に行くと

ジュースの取り出し口に金具が取り付けられていた

どうやっても手が入らない

挑みたい という気持ちが出てしまう

研究の結果

前腕に腕の関節がもう一つ出来れば腕が入る

となり

よし 腕を折る 

前腕の腕を折れば腕が入るので 腕を折る

腕が折れても保健室に行けばなんとかなる

骨折の苦痛よりジュースだ

達成感とジュースがあれば腕の一本くれてやる

と本気で思ってしまう

結局なにもせず

献血をすればジュースが貰えるという情報を聞いたから

良い事をしてジュースが貰える 最高だ!

日曜の朝のボランティア掃除

メイプルタウンの時間に集まろう!

という生徒会の活動など無視していたがジュースで

ボランティア精神に目覚める

ただ年齢制限などがあるという事はまだ知らなかった

後に自販機の裏の道で

やんちゃな奴等3人に絡まれたのは

天罰だと思う

盗ったマウンテンデュー3本 絡んできたのは3人

偶然か?

悪い事をすると必ず天罰が待っているんだなと思った

ジュース

2、3日 ちょっと暑い

室温が25℃になる

Photo


昔は瓶のもあった

コーラは定番

一時期 歯が溶ける と家族に止められる

そんな事はないとなりましたが

虫歯にはなる可能性はあるでしょう

フルーツパンチは出た時 飲みまくり でした

特に山下君は フルーツパンチのこうへい

と言われていた(同じ金山小の一部男子の呼び方)

250ml缶から300mlの瓶 

そして修学旅行先の京都で買った350ml缶

Mellosred


たぶんメローレッドだと思う

急に思い出し書いたので記憶は曖昧

屋上への扉

屋上への扉は開かずの扉

中学校の屋上へ上がる扉の言い伝え

その扉は最上階の階段の先にあった

屋上への階段を登っているのを先生に見られるだけで

「こらっ!」

と注意されていた

でも私は先生の目を盗んで階段を昇り扉の前に立った

そして扉の取っ手に手をかけて・・

鍵がかかっていて開かない

言い伝えどおりだった

私は静かに階段を降りていった

しばらくたったある日

やんちゃグループの一人が鍵を持っていた

話によると先輩からの贈り物で

それが 屋上への扉の鍵 だというのだ

マスターキーはもちろん職員室

それは、やんちゃグループに代々伝わる合鍵

で先輩から後輩へ受け継がれているとも聞いた

だがバレてしまう日が来たのだ

新しいタバコの吸殻 などが点検で見つかった 

か 屋上にいるのを見られたか・・

とにかく先生が合鍵の事、入手ルートなどを特定した

三好先生さすが!

授業中暴れた野中君を取り押さえたりと文武両道だ

再び閉ざされた屋上への扉

生徒が屋上に辿り着く事は出来るのか?

Photo

屋上がどうなのかは航空写真でわかる

屋上への扉の鍵 入手は困難だろう

Photo_2


んん?犬が吼えていますね

まさか ね~

半ドンの日

土曜日は半日授業で昼から休みだった

それで大人達は半ドンと言っていた

語源は

半分ドンタク(休業)を略して「半ドン」

半分休みの土曜日という意味で「半土」

という言葉が生まれ、それが転じて「半ドン」

となったそうです。

小学校の時はジャンプの発売日

駅売りは早いので坂出駅まで買いに行きます

月1か月2はポンジュースが出るという有難さ

あのテトラパックのすっぱいジュースは土曜の味

中学の時 土曜日は3時間目がクラブ活動で

全学年 美術 と 漫画 で押し通しました

人数調整の為に行われる事前の希望調査は

ちょこやん マー坊 らと事前に打ち合わせをし

第一~第三希望を全く同じにして全員同じクラブで

1年~3年全学年の集まりでしたが美術などを選考

する人達なので怖い人がいなかったのもあり

ワーワー騒いでいました

「昼からどうする?」

という遊ぶ計画でしたが

ほぼミツバチ 雨なら ニチイ  でした

でも喋っているだけで楽しかったという事は覚えている

中3の時と同じカレンダーという事に気付き

テンションがあがる

そして去年書くのを一年遅らせた 卒業式の後

の話を書き終わる

ドキドキ

中学生の時のある日の夜 

人工土地の下を歩いていると私を呼ぶ声がした

「○○○○!」

振り向くと車の窓から同級生の女子

好きな娘だった

声を掛けられてドキドキした

横を通り過ぎる時、二言三言喋った

家に着いてもドキドキしていた

その夜は寝付けなかった

修学旅行で風呂から上がる時タオルを上げすぎて

チンチンが飛び出した話

でセンチメンタルな話を打ち消してやろう

と思ったが内容は

修学旅行で風呂から上がる時タオルを上げすぎて

チンチンが飛び出した

なのでタイトルよりも少ない文字数なので書かない・・

予備校受験

高校受験失敗で予備校に行く事になる

予備校に入るにも試験があった

学力を調べる程度の問題だったと思う

100人以上いて中学浪人の多さにビックリ

坂出の高校に受かっているのに、わざわざ岡山の

高校に、こだわり一年遅れてまで予備校に行かされる

家庭環境の酷さ・・

引越をした最初の夜 はじめて金縛りを経験

心身の疲労がピークだったのは間違いない

受験の日

中学の時の1/29金曜日の話

今年も同じ曜日だったので1/29に書いとけば・・と後悔

学校を早退し、受験準備の為 岡山に向かう

途中、授業を抜け出していたヤンチャグループに遭遇

「何してるんだ?」 「どこ行ってるんだ?」

聞かれたので 受験に向かっている事を説明

(近いうちに オ・マ・エ・タ・チ・・・・・・)

負の感情は抑えた

駅でジャンプを買い フェリーの中で読む

1988011

あいつ

が負けたので覚えている

.

20130808073243

次の日、受験に行く

結果は不合格

また別の日に 違う学校を受ける

が不合格

坂出の学校には受かっていたので 引越しなし

とはならず岡山の予備校に行く事になる

当時の学力は酷かった

中学部活

中学入学の時

中学になるからゲームばかりやらんと運動部へ入れ

と言われる

中学になるからゲームを控えろ

運動をしろ

ここで なぜ? が出て来る 

中学になるからゲームを控えなければいけないのか?

中学になるから運動部に入らなければいけないのか?

この なぜ?の質問に家族は答えられる筈はない

答えられないのを 怒りと暴力 で返してくる

そう考え バスケを始める

Photo

こんな感動的ではない

夏休みの練習中 貧血で倒れる寸前になる

ソレで退部

もともと球技の才能はない

ガリガリで体力もない

団体行動が苦手

それで約4ヶ月も続いた方が凄いと思う

後 美術部に入る

女子ばっかりの環境に馴染めず一日で行くのをやめる

退部はしていないので在宅で絵を描き文化祭には出品

バスケの練習は 攻めている時は 一本

守りの時は ディフェンスディフェンス一本一本

の掛け声をする

バスケットリングを二階のレバーを回して上に上げる

という思い出・・・

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ