« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

よみがえる

昔の坂出のゲームセンター

http://kamennosensi.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-9079.html

の記事で不明だったゲームセンターの名前が判明

ソレイユ!

そして新たにもう一つのゲームセンター 

センバ!

というゲーセンがあった事も判明

塩田ビルの2階にあった記憶がよみがえりました

薄暗い階段を登るとガラス張りの部屋の向こうに競馬のコインゲームなどがありました

が 閉店していて入る事が出来ず友達と

「入れないのか? 入ってみる? 入ろう!」

という悪い流れの三段活用になっていたがそこは抑えた

ただ全てのゲームセンターがなくなりました

先生に見つかる事や 絡まれる事の怯えや 残金 

などを気にせずゲームセンターに行けると思えば

そこにはもうない!

腕力 財力 の持ち腐れ・・

グランドハワイの塩田ビル前店があった事も判明

グランドハワイという名を出すだけで中学生男子がザワザワしていました

こちらもありません

9割以上いやらしい映画を公開していた坂出東映もありません

どれほどいやらしいかは文章にするのをはばかられます

封印されていた センバ の記憶が甦り脳全体が活性化されました

ただ中学のテストの時、出渕君の答えをカンニングし

それで不正解という記憶も甦る・・

支援

 香川県丸亀市柞原町の児童養護施設「亀山学園」(野田政子園長)の園舎建て替えを支援しようと、三豊市豊中町の桑山小学校(牧野省三校長、児童151人)の児童が18日、アルミ缶回収で得た2万円を同園に寄付した。

 今回の活動は、児童が7月15日付四国新聞の記事を見たのがきっかけ。記事で同園出身のボートレーサー木村光宏選手や地元関係者が1億円を目標に寄付を呼び掛けていることを知った児童会が、同校で10年以上前から取り組んでいるアルミ缶回収で寄付金を贈ろうと計画した。

 児童会は1学期の終業式で全校児童に呼び掛け、夏休みの始めから9月末までに集めたアルミ缶の収益金などの2万円を贈ることにした。

 この日、同校で贈呈式があり、児童会長の6年小畑達哉君(12)が「アルミ缶を集めて得たお金です。建て替えのために使ってください」と寄付金を贈呈。野田園長は「思いがけない寄付の申し入れに本当に感動した。皆さんの気持ちに応えられるようないい建物を造りたい」と応えた。

 贈呈式には木村選手も駆け付け、「子どもたちの温かい心は僕たちの活動の励みになる」と児童たちに感謝の気持ちを伝えた。

Img_news


木村選手の記事です 是非見てください。

http://www.shikoku-np.co.jp/feature/aoitori/4/9/index.htm

まんが

まんが

漫画は見るし描いてもいた

絵が上手かったマー坊と一緒に描く事もあり中三の時

は雑誌の資料請求をし本格的に漫画を描こうとした

将来の目標が出来 一歩進んだ時だった

3週間後 

マー坊の家に資料が入った封筒が届いた

私の家には届いていなかった

それから一週間後

まだ来ない おかしい・・ 記入漏れは絶対にない

電話をかけようか迷う

が 家族が怪しい と直感が働く

隠すなら・・・   

台所! 隠せる所は台所が第一候補

捜索から約5分 封筒を発見

開封されていた封筒を発見した

隠した事 開封した事に怒りをぶつけた

今もそうだが家族はこういう時一切反省せず逆ギレ

翌日 マー坊と受講するか話した

結果 月謝が厳しいという事で高校生になってから

で話がつきデザイン系の高校受験を考えた

卒業後 岡山に引越すことになりマー坊と漫画を描く事

は出来なくなる

マー坊は食品製造の高校に行くと聞き落ち込む

私は高校進学後もう一度資料請求をし受講を決めた

電気科ですが・・

005


出て来ました 昔のまま

004


はじめの課題は えんぴつ位の太さの枠線をペンで塗る

だった

が はみ出てしまい修正液で修正

仕切れず 幕を下ろす

天然来客

ドスン!

裏山で音がした

見に行くと・・・

01_003

天然記念物の丹頂鶴!

遠くから、後ろだけが見えてた時は

白い服を着た長髪の女性が裏山から落ちて来たと・・

鶴の首から下を見るとうつ伏せで倒れているように見えました

恐る恐る近づき 鶴と確認後カメラを持って来て撮影

01_004

91

11/1

お祖母さんの91歳の誕生日を祝いに行く

体力も弱り 物忘れも多くなった

ケーキのろうそくを吹き消せなくて私がこっそり横から息を吹きかける

私が子供の時153センチ60キロ超えの体で

言う事を聞かないと馬乗りで殴って来て

気も腕力も強かった

近所で泥棒が入った と聞くと

枕元に30センチくらいのミニバットを置いていて

布団の右にはさらに一回り大きいモンキーレンチを置いていた

「ミニバットは威嚇用 モンキーレンチで腕や足を殴打しろ

腕や足の骨が折れても死にはしない」 と言っていた

そのおかげで中学まではおとなしくせざるをえなかった

記念で動画を撮影していたら家族の声がうるさく写真に切り替えた

お祖母さん一人の時こっそり撮影しようと思う

100歳まで9年・・・ 

もちそうにはない

新聞の占いで 遠くから見守る人がいる安心しろ

というような内容が書かれていて先に逝ったお祖父さんを想っていた

綺麗に切り取られビニールに入っていた

お祖母さんにとって一番のプレゼントになっていた

小6の時同級生の岩崎君に馬乗りになり号泣させていたのを思い出した

私が馬乗りになったお祖母さんをブリッジするのを見て挑戦した結果だ

岩崎君は小学生の時から女子に人気があった

高校の時は多くの女子が家に殺到したと聞く

が 号泣している所のイメージが強い

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ