« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

引越し

Nec_0029 明日 4/28 引越しです

 しばらく更新できません

岡山城

Nec_0021_2 岡山城の入り口の観光案内図 です

色々ありますね

Nec_0022 廊下門です

攻め込む感じで門を通りました

Nec_0026 ドンドン突き進みます

Nec_0023_2 もうすぐです

Nec_0025 大きいです

丸亀城 完敗です

Nec_0024

備中国分寺

Nec_0019 備中国分寺に行きました

五重塔があります

Nec_0021 五階建て と言うと価値が薄れるので

五重塔 と言いましょう

Nec_0020 何か書いています

簡単に言えば 貴重な物 です 

Nec_0018脇には 綺麗な花が咲いていました

写真を撮る人が多かったです

Nec_0017 綺麗にしているのが 真ん中に写っているお婆さん

来年90歳を迎えるそうです

花とかも実費で植えていてボランティアでやっています

「観光客に喜んで貰える様に」 と言っていて

「動ける間はやり続けたい」 

「明日どうなるかわからないので今日出来る事は今日中にやっておかないと」

とも言っていました

健康で長生きして欲しいです

散髪フジタ

Nec_0023 旭町にある 散髪屋フジタ です

理容室ヨネ もですが緑が多いですね

エアコンの室外機を上手く隠そうとする所が共通しています

美意識がないと散髪屋のような職業は出来ないんですね

昔、2階はソロバン塾で

斜め前には 吉田ベーカリーの工場があり

パンの匂い と ソロバンの音 がする場所でした

塾が始まるギリギリまで2階の窓から友達が喋って来ていて

私達は塾が始まっても道路から

中にいる友達や他の生徒を笑わそうと大きな声で喋り

先生に怒られた事があります

それ以来ここを通る時は うつむいて通るようになりました

室町タウン

Nec_0027 室町タウンです

室町にある商店の集まりです

全ての店舗が茶色の屋根で白い壁でオシャレです

Nec_0025 室町タウン と書かれている所は 昔、時計でしたが

止まったままメンテナンスをされる事なく無くなりました

Nec_0028 殆どの店舗が閉まっています

小僧寿し には10円の飴があり しょっちゅう買っていました

坂出書店 は こじんまりとしていて人が少ないので買いやすかったです

天霧り (あまぎり)  何回か行った うどん屋 です

中学の時 友達に大盛りをおごって貰ったら

近所に住む店員のオバちゃんが家族に密告したので行くのを止めました

最後に行ったのは5年前ですが暗い雰囲気だったので潰れるなと思いました

全て消えています

当時からあるのが・・・

Nec_0024_2 レコード屋の おたまじゃくし です

CDが売れない時代ですが持ち堪えて欲しいです

飛行機

Nec_0015 昔、駄菓子屋で50円で売られていました

パッケージが購買意欲を誘います

が 

子供にとって50円は高く なかなか手が届きませんでした

大抵は 家族へのおねだり で手にしていましたが

友達の一人が買うとつられる様に買って

公園や空き地などで飛ばしていました

ある日、上級生のお兄さん達が

DX版みたいな 大人飛行機 を飛ばしていた

Nec_0038 本気のプロペラ に ゴム動力

私達下級生は度肝を抜かれた

そして日曜の夕方、私は模型屋 で 大人飛行機 を買って貰った

しかし 簡単に組み立てる事を出来なかった

竹ヒゴを火で焙って丸めたり

羽根の部分の和紙をを丁寧に切って張り付けたり

小学低学年には厳しかった

結局 おじいさんに全部任せてしまいました

完成して飛ばしてみると

 思ったより飛ばない

 簡単に壊れる

 黄色い車輪は回転せず形だけ

という事です

それから10年後

自衛隊で飛行機の整備をする事になりました

てぃだかんかん

Nec_0039 今日から上映です

岡村さんが沖縄のサンゴを守る為に頑張ります

Nec_0102

実在の人物を演じた真面目なお話です

99ANNのヘビーリスナー ですから

見ますよ~

Nec_0014 いや ネタハガキを読んで頂いたので絶対見ます

期間限定とは言わずブログ続けて欲しいですね~

Nec_0088

ハーブ

Nec_0010 ハーブの種が何かのオマケで付いていたので植えていたら

大きくなりました

Nec_0011 アサガオ以来の栽培ですが

水やりが楽しくなってます

履歴書

引越し準備の為、タンスを片付けていたら

高校の時に書いた履歴書が出て来ました

Nec_0015 性格 の所を先生に直されています

性格 普通・・・可もなく不可もなく です

先生も印象に残っていない位の内気さだったんですね

1本当り

Nec_0014Nec_0013 大人になると交換に行かないですね

縁起が良いので置いておきます。

献血のすすめ!

Nec_0012 近所に献血バスが来ると毎回やってます

血を抜く事で新しい血液が出来るので健康になれます

さらに1週間後に血液検査の結果が送られてくるので

悪い所が分かります

四ヶ月に一回の無料定期健診みたいなものです

親子ゲーム

Nec_0008

親子ゲーム 86年 の作品です

夕方の再放送で何回も見ました

Nec_0007 麻理男(マリオ) の初登場シーン

金八先生で有名な 堀切駅 です

右の父親が

「タバコを買いに行く」 と言い

ラーメン屋からそのまま消えてしまい

そのラーメン屋の

保(たもつ) と 加代(かよ) がマリオを預かる事になる

という物語です。

Nec_0009 タモツ役の長渕さんと かよ役の志保美さんです。

この後 本当の夫婦になりました

Nec_0004

普段、殆ど喋らないマリオだからこそ

この最後のメッセージは重いです

Photo


保 が映る演出 良いですね

良いドラマなのにDVD化されてないのが不思議です

Photo_2

そして

親子ジグザグ

という作品もありました

これも再放送で何回も見ました

Nec_0006 勇(いさむ) が始めておふくろ食堂に来た時です

Nec_0005

長渕さん演じる 勇次(ゆうじ)の息子 

という 勇がやって来て

恋人の 安田成美さん演じる 梨花(りか) 

が育てる物語です。

これもDVD化されてません

美容室 ヨネ

Nec_0009

旭町にある 美容室ヨネ です

おそらく ヨネさん が店主でしょう

婚礼着付 と看板に書かれています

ヨネさんは着付が出来る程、着物を着こなしているんでしょう

外観もオシャレなので良さそうです

なみこし 横

Nec_0016_2 なみこし の横 です

この建物が建つまでは草むらでした

小1の時 、上級生達が大きな蜂の巣を長い棒で突いていたので

走って通り過ぎた思い出があります

みんな大好きオムライス屋さん は潰れてますね~

みんな、そんなに好きではなかったのでしょう

看板に偽りあり 

この店の前にはオシャレな散髪屋があり

入り口のガラス越しに たくさんのマンガが見えていたので

友達と一緒に行こうとしていました

290円弁当 の前は 

ひよこ という弁当屋があったそうですが すぐ潰れたみたいです

その前は ホカ弁 でした

かなり長い間営業していたお馴染みの店でした

弁当屋つながりなので店主は同じでしょう

次 遊びに帰って来た時は潰させない為にも購入しようと思います

2階の塾は今どうなってるのかは分かりません

が 当時は賢そうな子達が自転車に乗って来ていました

彼らの現在も知りたいですね

なみこし

Nec_0014 旭町の なみこし です

子供の時 駄菓子を買いに来ていた

小さいスーパーマーケットです

店長のおじさんが カブ で配達しているのを度々目撃しました

Nec_0058

こういう地域密着型の店はいいですね

大きい店には無い良さがあります

Nec_0015_2

合唱コンクール

中学校の時 合唱コンクールがあった

3年の時 最後という事もあり

みんな優勝を目指していた

会場は市民ホールを借り切って行われる

Photo

本気過ぎる会場です

学校の体育館で良いのに・・・

と 目立ちたくない私は思った

練習は毎日行われた

シャイな私は嫌だった

なのに「日曜日に野外音楽堂で練習しよう」

という熱過ぎるぎ女子が出て来た

休みなのにトンデモナイ話だ

Nec_0058 こちらも本気過ぎる会場です

日曜日 他のクラスの友人と遊んでいましたが

とりあえず練習時間に様子を見に来ました

集まりが悪かったので練習に参加せず そのまま友人と遊びました

しかし私には優勝する為の作戦がありました

それから数日が過ぎ

合唱コンクール当日を迎えた

他のクラスも優勝を目指して練習しているので上手かった

そして私達のクラスの順番が来て舞台に上がった

前奏が流れ、みんな練習どうり歌い始めた

私は密かに作戦を実行した

それは

終始口パク だ

審査員の先生方は私がおとなしいのは理解しているので

私が大きな口を開けていればポイントが上がると判断したからだ

その私の読みと皆の努力で優勝する事が出来

トロフィーをみんなで頭上高く掲げた

Photo_2

有名なあの像 と同じデザインのトロフィーですが色は銅です

2 3日は騒いで触りまくっていましたが

1週間が過ぎるとホコリを被っていました・・・

通販

Nec_0049

.

昔、雑誌によく載っていました

男子学生は1回くらい買った 

買おうと思った事があると思われますNec_0053

悪用不可 と書かれた 怪しい講座本 とかもありました

懐かしさと笑いが込み上げます

.

ジャンプ

Nec_0057 子供の頃 これだけを楽しみに1週間過ごしていました

しかし 家族はマンガを買う事を 悪 としていました

くだらない物に170円も使うな 

無駄遣いは止めろ

と言われ買ったばかりの本を捨てられていました

捨てる方がよっぽど無駄なのに・・・

と思って口に出すとコブシが出て来ました

しかし私は諦めませんでした

いろいろな方法で家に持ち込む事を試みました

服の中に入れて持ち込む

自転車で買いに行った後 家の前でお婆さんが近所の人と話をしていた

チャンス と思った瞬間 何かに気付いたお婆さんが

時速20キロ位で走る私の自転車の前に立ちはだかった

私は強行突破し横をすり抜け家に駆け込んだ

しかし お婆さんが後ろからタックルをして

私の服の中からジャンプを取り上げた

先週号を友達に借りたと嘘をつく

表紙を少しグシャグシャにして らしさ を強調

しかし中のインクの匂いが新しいと言われ没収

友達に渡しておいて遊びに来る時に持って来てもらう

友達が帰る時「忘れてるよ」と友達に渡してしまう

家に入る前トイレの窓の下において置き

すぐトイレに行き中から回収する

トイレから出た瞬間見つかり没収

漫画クラブに入り資料として見て、その絵を書く

学校に確認の電話をされる

が 先生に クラブ活動を真面目に取り組んでいる

と評価され大成功を収める

先生を味方に付けた事が勝因ですね

阿河商事

Nec_0049 万屋(よろずや)ですね

色々売っていたと思います・・・

記憶が曖昧なのは私が買っていたのは少年ジャンプ(週刊誌)だけだったからです

(今も開いていますシャッターが閉まっているのは開店前だからです)

当時の少年ジャンプ人気は凄かったです

殆どの子供が見てたと思います

発売日は火曜日でしたが1日早く月曜日に売られていました

しかし 駅は土曜日発売だ という情報が入り

小学校が終わるとすぐ駆け付けていました

しばらくすると 金曜日発売の店がある というのがわかり

その店に買いに行く事になりました

そして最後に 阿河は木曜日だ になってからは

みんな買いに来る事になり

配達の車が来るまで島本商店で待っようにもなりました

「次はこうなるだろう」 

「イヤ どんでん返しあるで」

などと他の学校の子達とも喋っていて

買ってすぐ店の前で読み始めるくらい楽しみにしていました

今これ位 楽し~い と 思える事がないです

僅か170円で一週間が楽しくなる時代は良かったですね

島本商店

Nec_0048 島本商店も昔は駄菓子を売っていた さらに

2台ほど外にゲームがあり10円とか20円で遊べていた

古いゲームでしたが安いので結構やりました

外なのでコンセントを入れれば何時でも出来るので

ニチイとかが開く前の時間つぶしや塾帰りに寄っていました

しかし冬の夜は手がかじかんで大変でした

閉店してますが食堂は開いています

私が好きな こじんまりとした店 なので一度は行きたいです

HELLO

Nec_0035 商店街の中にあった ハロー も無くなってました

ココは お爺さんが経営してた

ゲームセンターです

お爺さんは地蔵通りの角の駄菓子屋も経営してました

私達は殆どのゲームセンターに行ってました

ニチイの屋上

中央ボールの2階

TAITO

トミーの3階

チカチカ

ロッテリアの跡に少しだけ出来た所も行きました

さらに丸亀まで遠征をしに行く事もありました

その時はマスダで100円分の駄菓子を買い300円位持って行きました

遠足気分です

しかし全店なくなりました

当たり前の風景でもいっぱい写真を撮っておこう と改めて思いました

ミツバチ

Nec_0053_2

よく来てた駄菓子屋 兼 ゲームセンター の

坂出の みつばち で

10台位のゲームがあり

真ん中に お婆さんが座っていました

自転車は写真には写っていませんが左側に車が1台入るガレージがあり

皆そこに停めていましたが私は空いてても店の入り口のそばに停めていました

警戒心が強い子供だったんです

普段はゲームだけですが

お金がある時は

龍雲サイダー と 20円のスナック菓子 味付け珍味

なんかを食べたり飲んだりしながらゲームをしてました

龍雲サイダー はビンを返せば60円で340mlも入っていますが

炭酸がかなり強かったので 

飲み切る事は 青年になる為の儀式 と言う者もいました

今は無くなってるので残念です

お金が無くても2人で半分ずつ飲んだりゲームも1機ずつやる 

といった事で乗り切ってました

怖いお兄さんや補導の人も来ないので安心して遊べていました

ある時 ゲームをしていたらお婆さんが

Nec_0017「 ヒヒヒヒヒッ」 とその時やっていたゲームのお婆さんのモノマネをしたんです

ゲームの声とハモッたのとお婆さんのサービス精神にビックリしました

(実際こんな感じで座っていましたが本人は丸顔の優しそうなお婆さんです)

18才の時友達が免許を取ったので皆と一緒に車で行ったのが最後でした

今回来て見るとシャッターは開いていましたが ミツバチ と書かれた看板がなくなり中には何もありそうにありませんでした

お婆さんが元気かどうかが気になります

大百科

Nec_0064  昔 こういう本が沢山ありました

買った事はありませんが見るのは好きでした

鎌田書店という所には沢山あり座り込んで見ていましたNec_0062

人気作は売れていたり他の子が見てたりして

なかなか見れなかったので友達の家でガッツリ見てました

Nec_0063_2 私はこういう人気がなさそうなのが好きでした

地蔵通り

地蔵通り

そこに お地蔵さん があるから・・・

Nec_0040 子供のころ お爺さんと来ていて

お年寄りが椅子に座って喋ったり掃除をしている姿をよく見かけました

商店街から すぐの所にあります

Nec_0041 駄菓子屋のマスダ のスグ近くで

小学生に戻れる場所の一つです

Nec_0039 お地蔵さん 大事にされていますね~

商店街を行く

Nec_0044 商店街の入り口です

子供の頃 テンションが上がっていました

昔は手前に花時計があり華やいでいました

商店街は

夏はヒンヤリしてるし

雨の日は当然濡れません

上手く使って暑さと雨を凌いでいました

Nec_0025 分岐点です

元町栄筋は古いお店がイッパイです

昭和色が濃いです

Nec_0037 本通商店街 をまっすぐ進むと

サンロード との分岐点になります

荒木屋 からの甘いケーキの匂いが良かったです

そのサンロードの海側の入り口です

マラソンの折り返し地点ですが

綾菊 の看板は昔からあります

サンロードは昼間でも暗いんですよね~

Nec_0031 商店街の終点です

図書館とミツバチに行く時しか来る事はなかったです

Nec_0033 その横にこんな場所があります

なぜかトーテンポールが・・・

オセロを極めよう

Nec_0066 HARD での自己最短記録 21手 で勝てました

でも負ける時は後半コンピューターの怒涛の攻めで

ケチョンケチョンにされるんですけどね・・・

どっきり

Nec_0049 面白かったです

でも

どっきり と リアクション芸 は別物です

やはり 芸 なのです

Nec_0049_2 んん~~~ん

やってくれてます

 芸 を堪能しました

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ