« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

石丸 2

石丸 が駐車テクニックを自慢してきた

「後ろの看板ギリギリに止めてみせます

私は看板の所で見ることにした

車は下がって来る

看板との距離がドンドン縮まっていく

おおおっつ

残り3センチを切った

まだ下がって来る

心臓の強さが伺える

失恋が彼をを強くさせたのか・・・

運転に迷いがない

ついには看板スレスレだ

んんっつ

スレスレ・・・

看板はいい感じの曲線を描いている

そう ぶつかったのだ

何も知らず石丸は自信満々に車から降りて来た

「どうですかピッタリでしょ

私は看板が曲がった事を石丸に告げ、見るように促した

「ほらっ 丁度ですよ」

まさかの返答である

「グニ~~ンて曲がってるやないか」

「そうですかね~」

「こんな曲がった看板なんかない」

「あるじゃないですか 目の前に」

今の石丸の心臓の毛はボーボーだ 

そして無敵だ

涙の数だけ強くなれる

本当にそのとうりだと思わせる出来事でした

石丸 

後輩の 石丸 がコンビニの店員に恋をした

軽く喋ったそうだ

「いらっしゃいませ ありがとうございました

挨拶や

その場の全員が突っ込んだ

挨拶ですが、これを 石丸 は喋ったと言うのです

名前も調べていて 安達さん と言う名前だそうです

さらに・・・

「安達さんは告白されたがっている・・・」と発言した

都合の良い妄想です

尿検査の必要性を感じます

それから3ヶ月が過ぎ事件が起きた

 石丸がコンビニ周辺をウロウロしていた

先輩からの情報だ

私は石丸に確認をとった

・・・・

・・・

・・

どうやら告白を考えているそうだ

「一緒に来てくれたら告白できそうです」

そう言われたので行く事にしました

しかし 店の周りをグルグル回るだけです

1時間以上車で周り続けました

私はバイトが終わり、出て来る所で告白するよう提案した

そこから一時間以上待ちました

すると駐車場に柄の悪そうな男が一人現れた

誰かを待っているみたいだ

「まさか・・・安達さんに限って・・・」

石丸が呟いた

私は知らないフリをした

そして・・・

安達さんが出て来た

石丸は車から飛び出した

安達さんは柄の悪そうな男に肩を抱かれ

嬉しそうに夜の街に消えていった・・・

「あっ・・・」

石丸は動きが止まった

こんな時どうすればいいのか・・・

私の才能が試される

・・・・

・・

答えは出た

「ハハハハハハッ・・・・・

大爆笑で石丸を出迎えた

石丸の恋は終わった・・・

マロ

全校生徒で運動会の練習中、整列の時に先生が

「蜂に刺されても動くな

なんか軍国主義の頃の日本みたいだ

と思った時・・・

ギャッツ

後ろのほうで声がした

振り向くと私のクラスの一人が倒れていて

運動場は騒然となった

先生が駆けつけ

「どうした 大丈夫か」

生徒は起き上がりながら・・・

「だっ・・大丈夫・・・」

その生徒は 山地マロ だった

マロは続けた

「蜂に・・・  刺された・・・    アアッ・・・」

マロのオデコはクイズの早押しスイッチぐらい

ボコッと腫れていた

31

そして保健室に運ばれた

校長先生がマイクで

「蜂が来た時は手で払いなさい」

全校生徒に注意をした

私達は校長先生が当たり前の事を言っていたのと

蜂に刺されるタイミング

悲劇の主人公になった様な受け答え

腫れかた

それが 山地マロ であった事・・・

爆笑以外のリアクションは考えられない

私達は爆笑した

旧日本兵の様な絶対服従をやってのけた 山地マロ 

彼も伝説の生徒だ

みの君

みの君は夏休みの宿題をやって来なかった

さらに忘れ物を1個するたびに 漢字1000字

の罰があったのですが、みの君は

2万8千字も溜めていた

なに一つやってこなかった

そんな みの君は9月の中頃 転校 した

転校するから宿題なんかやらない

すごい・・・凄すぎる

神経の図太さがハンパではない

なんという小学生だっ

みの けんじ

彼は 伝説の生徒 として今も語り継がれています

攻略

私が小学校の時の夏休みの宿題攻略法は・・・

夏休みの友 

お盆以降に勉強が出来る子の家に遊びに行き

ゲームなどの交代中に丸写しさせてもらいます

その代わり私はゲームの攻略法を教えます

大体出来る子は、家族のお盆休みまでに宿題は終わらせています

ゲームも一日1時間を守らされる為ゲームはあまり上手くありません

さらに友達が来ている間は長い時間ゲームが出来てしまいます

私は出来る子を 夏休みの友 の友 と呼んでいました

これはみんなで書きました

みんなの画用紙を揃えて真ん中に 友情 と書き

順次手型を押していき、おしまいです

みんなの画用紙が一つになって1枚の絵です

1分で終わりました

芸術は 発想力 です

怒られる筋合いはないのだ

貯金箱

10月ごろ先輩の家に行き 夏休みに作ったであろう貯金箱を

「この貯金箱いいなあ」

と言うと大抵貰えます

それを次の年の宿題として提出しました

自分で作る時は、やはり共同作業です

冷蔵庫の空きダンボールを電気屋さんで頂き、特大の

これでもくらえ百億万円貯金箱

を作りました。

みんなで作る意味を持たす為大きくしました

それと、貯金箱はナゼ小銭だけなのか

という疑問からお札を入れる為です。

しかも大金を・・・

毎年教室で展覧会があり机に並べられるのですが

私達の作品は教室の隅に置かれていました

これでもくらえのネーミングは私です

多すぎる宿題を出す先生に対する怒りです

感付いて追求されたら

小さい貯金箱に対しての・・

という言い訳も用意するという周到さでした

自由研究

アイスやお菓子の当たる確率を求めたり

ゲームの攻略法を研究しました

みんなでやると本格的なデーターが採れます

単純に、みんなで遊んでお菓子を食べただけですが

理数系の子が書くと 研究発表 のレベルになります

日記

どの宿題をやったか の報告であり 記録です

宿題三昧の日々ですから

夏休みは宿題三昧だという先生に対する抵抗です

読書感想文

提出した感想文が返って来た時、友達と交換して

次の年に丸写しで提出しました

その繰り返しですが5年生で

ちびくろサンボ  は、さすがに厳しかったですね

こうやって宿題を攻略していきましたが学力は伸びません

規則正しく勉強すれば宿題も終わるし学力も付きます

私の場合 学力は付きませんでしたが

困難を乗り切る トンチ は身に付きました

偏差値 か トンチ 

どちらかは身に付けないと大人になると大変です

思い出

夏休みも終わりに近付き学生は大変な時でしょう

私が小学生の時は

夏休みの友

日記

ラジオ体操

自由研究

貯金箱

読書感想文

プリント(タウンページ位の厚さ)

などがありました

夏休み   夏・休み  夏のお休み・・・ 

全然休めない

先生は子供達の夏を奪っています

夏休みの思い出は 宿題 で埋め尽くされています

先生 = 思い出泥棒 

「僕達の夏を返して下さい

思わず言いそうになります

が、言ってしまうと怒られるのは誰にでも解ります

だから言いません

黙ってやるしかないんです

しかし、まともにやっていると遊ぶ時間が少なくなります

私は効率の良い宿題のやり方を思いつくのでした・・・

次回へ続く

ラジオ体操

小学校の時、夏休みになるとラジオ体操がありました

なぜ いつもより早起きで体操をしなければならないのか

社長出勤の時間からでもいいのでは

おそらく 規則正しい生活の為 が理由でしょう

規則正しいなら 遅寝 遅起き でもいいでは・・・

しかし朝になると家族が

「早く起きろラジオ体操に遅れてもいいのか

と毎朝怒鳴りながら起しに来ました

でも私は遅れてもいい 

さらには行かなくてもいいとさえ思ってました

ある年には

「今年からラジオ体操なくなった」

と嘘をつき台紙も隠していましたが

他の子たちがワイワイ騒ぎながら行ってたので

すぐにバレてしまいました。

そして6年の時、優秀な同級生が転校してしまい

繰上げ当選で 判子押し係 になってしまいました

さらに丁度今迄使っていた広場が使えなくなったのです

私は集合場所を家の前にする事を提案しました

みんなが集まっている所へ私が登場して

一段高い所で体操をするのだ

その姿は完全に独裁者です

そんなふざけた提案が なんと通りそうになったのです

慌てて別の駐車場を探し出し許可を得ました

それでも 

各家庭でやればいい 

なぜ 夏休み限定なんだ

中学生はなぜ参加しない

などと文句を言い続けました

が判子押し係なので毎日参加しなければなりませんでした

そして中学生になって参加しなくてもよくなった時

私は屋上からラジオ体操をする小学生達を見て勝ち誇っていました

さらに小学生達を見る為に早起きをする

というバカな事を毎日していました

ラジオ体操・・・ 久々にやりたくなりました

Nec_0085

自然

気分がよかったので原付を走らせました

Nec_0035

信号が殆ど無い川沿いを走ります

Nec_0027 自然の色は良いです

Nec_0033 太陽、空、雲、山、川

自然が一気に堪能出来ます

Nec_0039 水門から流れる水の音が良いです

なによりも人が居なかったのが良いです

人がいるとリラックス出来ません

瞳をとじ  た!

先輩の家で、すき焼きをご馳走になった時 

私は お腹イッパイ食べてウトウトして眠りについた

・・・・

・・・

・・

目が覚めると目の前に足が

エッ 誰だろう

顔を見ると・・・

一緒に来ていた後輩の 片山 だ

私は起こす事にした

バシッツ

強烈なデコピンをお見舞いした

「痛っ なんなんですか

と言いながら片山は目を覚ました

「人の顔の前に足を置いて寝るな」

私は片山に注意した

しかし片山は

「頭揃えて寝ると 添い寝 してるみたいで気持ち悪いじゃないですか」

さらに付け加えた

「僕の顔の前にも足があるんだから一緒ですよ」

そう言い終えると片山は静かに瞳を閉じた・・・

KATAYAMA

自衛隊の時、後輩と二人でTVを見ていると

片山 という男がバイクのヘルメットを被ってウロウロしていた

どうやら新品のヘルメットが嬉しいらしい

しかし免許が採れるのは順調にいって二ヶ月先・・・

フライングにも程がある

さらに部屋で被って色々な角度から見ては

「カッコええ ~」と自己満足

「メットはな」 私はツッコんだ

片山は部隊に配属されてからブクブク太り100kgを超えていた

カッコイイ筈が無い

真逆なのだ

私達はTVの続きを見始めた

しばらくすると後輩が笑いながら

 「後ろ見てください

と言ったので 振り向くと・・・

ヘルメットが脱げず、もがいている片山がいた

「たすけてください

片山が助けを求めて来た

「セカチュウの森山未来か

私はツッコミを入れた

「イヤッマジですっ

目が本気だ

私は静かにヘルメットのバイザーを下ろした

「何してるんですか 助けてくださいよ」

バイザーを上げて片山が叫ぶ

「うるさいこれでも喰らえ」

私はヘルメットをバンバン叩いた

片山はクラクラしていた

私は一通り遊んだので助ける事にした

後輩と二人でヘルメットを引っ張ると

「イタイタイタイ

ヘルメットの中で片山が叫ぶ

何回か試みたが駄目だった

「太りすぎに対する神様の戒めです痩せるまで外せないんですよ」

後輩の言葉に私は賛同し

「ちょっと歩いて汗かいたら取れるかも・・・」

と言ってみた。

「ヘルメット被って歩いてたら変態じゃないですか」

私は、かぶせ気味に

「さっきまでやってたやないか

適切なツッツコミをいれた そして

「メット被ってたら誰か判らんから大丈夫やで」

と言うと片山は

「あっ そうですね、さすがですね」

と言ってすぐに外に歩きに出かけた・・・

しかし作業服には 片山 と名前が書いているし

100㌔超えてるので体型でも誰か判るのだ

例え判らなくてもヘルメットを被って歩いている男がいる

だけで 変態現る である

月曜日 待機室で先輩に

「片山 昨日ヘルメット被って歩いてたけどアレは何や」

と言われるまで片山は私への感謝と尊敬でいっぱいなのでした

Nec_0085_3

一途

Nec_0085 リアルタイムで見ました

早く走る という為だけに

計算され

鍛えられた体

カッコイイですね   

Nec_0085_2

狙い

2002年のテロがあった次の日

米軍基地の様子を見に行くと警備が凄く

正門の近くのビルの屋上にはスナイパーが銃を置いて双眼鏡で監視していた

基地にいた事があった私はビックリしたこともあり

ジロジロ見ながらバイクを走らせていた

すると・・・

スナイパーが双眼鏡でこっちを見ていた

ヤバイ 私は頭を低くした

それが良くなかった・・・

なんと銃のスコープ越しに、こちらを見始めた

私は慌てて横道に逸れて難を逃れた・・・

Nec_0099

かに見えたが

黒い柵の木々の後ろにそびえるビルの屋上には

まだスコープ越しに私を探していた

無事家に帰れてよかった

Usa


テロ対策で岩国基地 の正面も当時からだいぶ変わっています

狙撃兵がいたビルは当時のままですが

大先輩

私が自衛隊にいた教育期間中の時のお話です

.

22時の消灯で電気を消してベッドで横になっていると

同室の隊員がトイレに行った

しばらくすると・・・

「出た幽霊が出た』と言いながら部屋に帰って来た

私は、残像か 恐怖心がそう見せた と冷静に分析した

そして何気に隣の部屋の 娯楽室 を見たら

軍服の膝から下だけの足が スーーッ とTVの前を横切りました

私はビックリしましたが 大騒ぎになると思い黙っていました。

今帰れるのはココしかないんだ

まだ戦争は終わっていないんだ

そう思うと騒ぎにはしたくなかったです

お菓子

Nec_0042

Nec_0089

マンモスの肉

こんな お菓子がありました

味も シベリアの塩味 と 焼肉のタレ味

簡単に言うと・・・

お菓子に 塩振った か タレをかけた か です。

おそらくシベリアの塩味が売れると思います

ネーミングがいいです

博多の塩味 だとマンモスぽくないです

しかし マンモスの肉はおいしいのか

誰か食べたのか

食べれるのか

食べたとしたら・・・

焼肉のタレ をかけたのか

(タレは当時無いですね)

シベリアの塩をかけたのか

(シベリア地区限定)

あっ

マンモスの肉    が入ってました

言い切ってないのが良いですね

アニメ 4

Nec_0042_2 この チーズ

Nec_0089_2 この   肉

食べたいですね ~

希望の海

Nec_0089 エビフィレオ

Nec_0042 フィレオフィッシュ

を2段重ねにして

シーフードマック

を販売してほしいです。

泳ぐ

Nec_0042 暑い

こんな時は海で泳ぎたいですね

5キロくらいは泳ぎたいです

しかし ほとんどの人が

海で泳ぐ と言いながらも

浸かっているだけです

塩水に浸かっているだけだと

 ピクルス になってしまいそうです。

Nec_0089

私の場合、完全に一人合宿 ですね

みんながキャーキャーいってる中

黙々と泳ぎ続ける男

笑い顔が無く、無表情で泳ぐ姿は不気味です。

海に行くのは止めて

クールバスクリン に浸かる事にします・・・

みなし児のバラード

Nec_0089

タイガーマスク  

みなし児のバラード

作詞 木谷梨男

.

あたたかい 人の情けも

胸を打つ あつい涙も

知らないで育った僕は

みなし児さ

強ければ それでいいんだ

力さえあればいいんだ

ひねくれて星をにらんだ

僕なのさ

ああ だけど そんな僕でも

あの子らは慕ってくれる

それだから みんなの幸せ祈るのさ

.

吹く風が冷たい時も

降る雨が激しい時も

目をあけて 明日に希望を かけたのさ

ああ だからきっといつかは

あの子らも わかってくれる

みなし児の正しく生きる厳しさを

みなし児の正しく生きる厳しさを

.

.

.

.

.

エンディングのこの歌はいいです。

悲しいメロディーが詩と合っています。

第100話 明日を切り開け は

みなし児のバラード の為の回だと思います

.

タイガーマスクは私に希望を与えてくれました

20070805_105551

花火

Nec_0073

今日この海から空にめがけ

花火が ド~ン と打ち上がるんですよね

想像したら楽しそうです

でも

この寂しげな海もいいです

私は一人で海を見つめている時間が好きです

浅草警察官

Nec_0045 暑さと人込みが嫌いなので

花火大会には行かず

今夜はTVを見ます。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ